あれから。。。りだっちぃ熱く(?)語る part1

すっかり更新を怠ってしまい(って今まで何度書いたことか^^;)今月 初の投稿ですが・・・

東日本大震災からもうすでに1か月が過ぎてしまいましたが
原発問題と大きな余震のせいでなかなか復興が進まないように思います。

せっかく復旧しかけた水道や電気も再び止まってしまって
不便な生活をされている方も数多くいらっしゃると思います。

そんななか西日本ではお花見シーズンを迎え
自粛ムードの中やっていいものかどうか・・という葛藤も・・

でも自粛のし過ぎで経済が回らなくて復興の足を引っ張るということになるので
過度の自粛もよくないと・・・

被害にあわなかった方は大いにお金を使ってください。。ということで
テレビでも被災者の方でもそういう意見の人を多く取り上げていました。

ただ、中には「自分たちはこんなひどい思いをしてるのにどうして花見なんてできるんだ」と言っていた方もいて
テレビで放送された中ではほんの少数でしたが、実は放送されていないだけでそういう人も多いのかな~
などと思いブログの更新もなかなかできずにいました。

地震直後は義援金などの話題で更新してきましたが
楽しい話題で盛り上げていいものかどうか・・というのが今のりだっちぃの思いです。

原発も余震もいつ落ち着くのか予想できませんが
そんな中 避難した人たちに対するひどい仕打ちの記事を読んだので紹介したいと思いました。

福島から船橋の親戚宅に避難していた家族の
小学生の二人の子が公園で遊んでいたら地元の子に
ひどいことを言われたそうです。
言葉の違いに気が付いた子たちに
「どこから来たの?」と尋ねられ福島と答えたら
「放射能がうつる~」と言ったそうです。
子供たちを学校に行かせたくて避難してきた家族でしたが
ひどく傷ついた子供をみてまた福島に戻って行ったそうです。

この子供たちに限らず病院などでも福島から来たというと
診察を拒否されるということもあるとか・・・

福島の人たちは何も悪いことはしていないのです。
ましてや放射能がうつるって・・・><

福島の原発で作った電気も福島の人たちは使っていないのに
その電気を使いたい放題使ってきた関東の人が
福島から避難してきた人に取る態度ではないと思います。

その記事には「まずは大人の教育をしなければいけない」と書いてありました。
本当にその通りです。

もし近くに避難してきた方がいたら
「大変でしたね。体調はいかがですか?何かお手伝いできることはありますか?」
と声をかけてあげたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック